小学生から始める!英語教材でペラペラに【ちびっこバイリンガル】

幼児期から始める教育

大人と子供

教室に通うべきか

小学校就学前に受ける教育全般を、幼児教育と言います。幼児教育は家庭でも行うことはできますが、幼児教室に通うという方法も取れます。幼児期にきちんと学習をすることで、子どもの将来の可能性を広げることにつながると言えます。0歳から3歳までの脳の成長は目覚ましく、その時期に刺激を受けることで、知性や五感を豊かにできると言われているのです。しかし、幼児教室に通わないからと言って、子どもが高い能力を身につけられないわけではありません。親がどんな風に子どもと接するか、それだけでも子どもの脳の成長に影響を与えるものです。周りの人達が子どもを幼児教室に通わせていると、自分の子どもも通わせるべきなのか、と焦ってしまうかもしれません。しかし、親の都合だけで通わせるのはよくないのです。周りの目を気にするあまり、自分の子とよその子を比べてしまい、どうしてこんなことができないのか、と子どもを責めたとします。すると、親の顔色をうかがうような子になってしまう恐れがあるのです。幼児教室に通うなら、お子さん自身も楽しんで通えることが重要です。まずは体験レッスンに参加して、お子さんがリラックスし楽しそうにしているか見てあげましょう。幼児教室は、子どもと一緒に親も学ぶスタイルが一般的です。一緒に楽しんで通えるかどうか、ということも重要です。まだ幼児教室に通っていないのか、などと他人に言われ、焦ることもあるかもしれません。しかし、他人の言葉に流されないようにすることも、幼児教育には大切なのです。

Copyright© 2018 小学生から始める!英語教材でペラペラに【ちびっこバイリンガル】 All Rights Reserved.