小学生から始める!英語教材でペラペラに【環境を整えてあげる】

子供のためのデイサービス

女の子

障害児が利用できる施設

放課後等デイサービスとは身体や精神、発達などに障害のある小学生や中学生、高校生が学校の授業が終わった後や夏休みや春休みなど長期の休暇で使える福祉サービス施設のことです。放課後等デイサービスは2012年した新しい福祉サービスで体育や書道など習い事を中心とした施設、自由時間が多い学童保育型の施設、行動面、学習面、コミュニケーション面など個人にあわせた療育を行う施設の3つのタイプがあります。放課後等デイサービスは障害のある子供達が自立した日常生活を送れるように訓練する、創作活動や作業活動を通して情緒性や社会への適応性を養う、自由に遊んだりリラックスできる空間をつくるという目的で利用できます。そのため放課後等デイサービスには児童発達管理責任者や保育士または児童指導員が在籍しています。また作業訓練士の有資格者が在籍していることもあります。放課後等デイサービスでは障害を持つ子供の家族がリラックスできる時間を作り、リフレッシュして子供を養育できるようにするという目的もあります。そのため保護者同伴が不要な施設も多くあります。放課後等デイサービスを活用する場合、まず最初に市区町村の役所で障害児通所給付費の受給証を発行してもらいます。そして行政の福祉の窓口や子育て支援の窓口、インターネットや保護者同士の口コミから子供に適していると思われる放課後等デイサービス施設を選びます。施設を利用する前には、事前に見学してそこで過ごしている子供達の様子やスタッフの対応や人柄などを確認すると良いでしょう。

Copyright© 2018 小学生から始める!英語教材でペラペラに【環境を整えてあげる】 All Rights Reserved.